相続した不動産の売却でよくある質問

よくある質問を「相続した不動産の売却まで全部お任せプラン」の説明と一緒にご紹介します。

 

どんな人向けのサイトですか?

このサイトは親や配偶者、祖父母が亡くなって、不動産(家や土地)があるけれど、何から始めていいか分からない人、故人の不動産をできるだけ費用をかけずに売却したい人のためのサイトです。

誰が運営していますか?

札幌市中央区にある佐藤晋平司法書士事務所が運営しています。

司法書士ってどんな仕事ですか?

司法書士は他人の依頼を受けて不動産(家や土地)の情報を法務局という場所で登録(登記)する仕事などをしています。他にも仕事は色々とあります。遺産分割協議書という故人の財産をどう相続するかなどをまとめた書類なども作成します。

依頼したら何をしてくれますか?

まず「故人にどのくらいの財産があって、誰に、どう分けるか」という遺産分割協議書という書類を作成します。そのために戸籍や銀行口座を調べます。遺言書がある場合は検認という手続きもします。不動産がある場合は、故人から新しい所有者(相続人)に名義変更(登記)します。

不動産を売却する場合は、不動産屋さんに依頼して、不動産売買の代理、サポート、不動産売買契約書のチェックなども行います。

依頼するとどんなメリットがありますか?

不動産の登記手続きは行政書士さんや税理士さんでは出来ません。司法書士は遺産分割協議書の作成から登記変更手続き、売却代理まで行えることが強みです。

行政書士さんが遺産分割協議書を作成し、司法書士が登記変更手続きを行い、今度はご自身で不動産会社に売却の仲介を依頼するケースがあります。

その点、「相続した不動産の売却まで全部お任せプラン」では遺産分割協議書の作成、登記変更手続き、不動産会社への売却の依頼のすべてを行います。

しかも、費用は仲介手数料相当分だけです。(ただし、売却の代金が2千万円以上の場合。仲介手数料は上限で計算)

手間もコストもかなり抑えられることが特徴です。

※ただ司法書士は相続税など税金に関するアドバイスはできません

どうしてそんなに安いのですか?

当事務所が特別、費用が安いということはありません。東京などでは同様の内容でもっと安価な司法書士事務所様もあります。ただ札幌の一般的な司法書士事務所と比べると安く感じると思います。

誰が、どんなタイミングで相談したらいいの?

相談はどなた様でも大丈夫です。故人のお子様は葬儀等で忙しいので、お孫様からの相談などもあります。必要に応じてこちらからご質問します。ご相談のタイミングはいつでも大丈夫です。葬儀の前後、49日のあと、など様々です。

相談にはどんな準備が必要ですか?

相続人全員で話し合ってから相談した方がいいですか?と聞かれることがありますが、そんなことはありません。どんなことを話し合えばいいのかも含めてご相談いただけます。また、戸籍や登記簿はこちらで取得しますので、基本的に準備はなにも不要と考えて頂いて大丈夫です。

依頼できないケースはありますか?

やはり相続人で争いが起こっている場合、まったく話し合いができない場合などは司法書士ではなく、弁護士さんにご相談されることをオススメすることがあります。その場合でも相談料などはかかりませんし、弁護士さんの紹介料などももちろん不要です。

これからどうしたらいいですか?

「恥ずかしながら何も分かっていません…」と恐縮される方がいますが、もちろん、気にしなくて大丈夫です。どうしていいか分からないのが普通です。「これからどうしたらいいか」も含めてのご相談です。何も分からない状態でもいいので、とりあえずメールか電話でご連絡くださいね。

メールや電話でなにを伝えたらいいですか?

メールや電話では「父親が亡くなったんですけど…」だけでも大丈夫です。こちらからご質問します。詳細を伺い、委任状にサインされるまでは一切、費用はかかりません。メールや電話だけで料金がかかることはありません。

他の事務所との比較でも大丈夫ですか?

もちろん、大丈夫です。他の税理士事務所様や行政書士事務所様との比較検討のためのご相談も大歓迎です。

 


ここからはマイナーなご質問です。

他の司法書士事務所との違いはなんですか?

多くの司法書士事務所様の相続関係の業務は、遺産整理業務と不動産の登記をして完了だと思います。しかし当事務所では、その不動産が売れて、代金が振り込まれて、相続人で分割するまでサポートするのが特徴です。そして不動産仲介手数料まで含めた全体のコストが安いと思います。

税理士さんに相談した方が良いですか?

国税庁の「平成29年分の相続税の申告状況について」によれば、相続税が課税された人は8.3%となっています。これは2013年に税制改正があり、相続税を払う人が大幅に増えると言われたあとの数字です。実際に相続税を払う必要がある方はそう多くありません。

また、不動産がある場合、不動産の評価が非常に重要になります。詳細は別のページで詳しくご紹介します。もちろん税理士さんにご相談されることもオススメですが、不動産がある場合には司法書士にもご相談頂けると良いかと思います。

不動産屋さんに相談した方がいい?

知り合いや身内に不動産屋がいるので相談した、という方も多いです。ただ一般的に、相続関係の書類作成や登記手続き、不動産売買の仲介を別々に依頼すると、コストが大きくなることが多いと思います。

不動産を売らない場合でも依頼できますか?

はい、ご依頼いただけます。その場合は売買サポートはせず、通常の遺産承継業務の費用となります。

不動産の活用についても相談できますか?

大変申し訳ございませんが、当事務所ではコンサルティング(賃貸に出しましょう、アパートを建てましょうなど)は一切、行っていません。どうしても「うさんくさい」イメージを持たれるためです。当事務所ではシンプルに、できるだけ多くの現金がお手元に残るようにサポートしています。

タイトルとURLをコピーしました